人気ブログランキング |

フェルト手芸作家「PANENKA」北向邦子「わたしの毎日」

シートフェルトでマトリョーシカや小さなかわいい世界を作っています。著書「フェルトのちいさなマトリョーシカとマスコット」ブティック社 お仕事のご依頼お待ちしています。kuni9254@aa.bb-east.ne.jp

冬だけのお店を始めたのは…

12月2日〜4日
11時〜17時
ギャラリーアンにて「冬のおくりもの展」を
開催します。
a0138490_20465645.jpg

a0138490_20465726.jpg
2013年11月に始めてから今年で5回目の冬のお店です。(1回5月にやっています。)
作品展、個展は何度かやったことがありますがこのお店は、
作品展ではなく「雑貨屋さん」です。
マトリョーシカもお店に並びますが、あくまで「雑貨屋さん」です。

どうして始めたのかをお話ししますね。
その前に手芸店で働いていた頃のお話を。

最初のお店を始める少し前までわたしは近所の手芸店でパートとして
週に3日働いていました。その頃も手芸やイラストなどの仕事はしていましたが
だんだん仕事もヒマになり(苦笑)「働こうか!」と決意。

資格も何もないわたしに出来そうなこと、出来れば好きな事をやりたいと
選んだ仕事が「手芸店」でした。
が、それまで接客はほとんどしたことがなかったので(少し書店員をしたことはあり)
かなり大変でしたが好きな世界だったので頑張れたし勉強になりました。

特に年配のお客様が多かったので普通に暮らしていたら全く接点のない年齢層。

でもここは同じ手芸好き。
大丈夫!(笑)

不思議だなぁ、、、と思ったのは同じ物を大量に作るということ。
そしてそれを配る。材料を購入したお店の店員にまで!

手芸雑誌などで作り方のイラストを描いていたことがあったけれどその時は
「こんなに細かく描かなくても分かるのでは?」と
思いつつ描いていたけれど実際そのイラストを頼りに作る読者の方の
お裁縫の経験値の幅が広いので誰が見てもちゃんと
出来るようにしないといけない。それをお店で働くようになって
よーく、よーく分かりました。
そのイラストなり、編み図が本当に頼りで何度も本を持って
来店される方に質問されたし、材料1つにしても
忠実に揃えようとしている。

今まで作り方イラストも作品も本に掲載されたらそこでおしまいでした。

当たり前だけど その先に実際に本を見て作る人がいて
作品が出来上がって嬉しかったりプレゼントして喜ばれたり、、、。
また作ってみようか!なんてそのその先に繋がっていく。

どんな仕事も適当でいいなんてものはないけれど初めて自分の仕事がどう伝わって
いくのかを自分目で確かめられた。それだけでも充分働いてみて良かった!と思えました。

その手芸店(小さなお店でした)で一緒に働いていた中で仲良くなった4人で
始めたのが一年に一度のお店です。
「ATELIER FIVE」という名前の店でした。
これはわたしのホームページの名前。
当時なっちゃんが5歳だったので「5」にしました。


今年で5回目です。
昨年から2人になりましたが(仕事が忙しかったりで)今年ももうすぐ開店です。
手編みのニットや使いやすバック。1年間作り溜めたかわいいハンドメイド雑貨を
車のトランクに詰め込んで西荻窪でバーン!と広げます。カラフルであたたかい冬の雑貨。

今年は、チョコレートやけしごむハンコの紙物もありますよ。
そう、今年は初めて3日間です。(今までは2日間でした)

クリスマスプレゼントを探しに遊びにいらして下さいね。
お待ちしています。

長々と語ってしまいました。が、こんな気持ちがこもったお店です。


a0138490_20465865.jpg





by naki723 | 2016-11-28 20:39 | 冬のおくりもの展2016 | Comments(0)